月収が12万しかないので、お金稼いでみた

超初心者のアフィリエイト実践記

月収が12万しかないので、お金稼いでみた

【2018年版】LINEスタンプの作り方!申請方法のまとめ&気を付けること

f:id:sibalove:20180705151502j:plain

 

ついにスタンプが描き終わりました!

というわけでさっそく申請も行ってきました。

 

申請を行う上で「こうしておけばよかった」ということや気を付けた方がいいことがあったので、これから申請をしてみようという方に向けて、今回はLINEスタンプの申請の手順についてまとめていこうと思います。

 

 

※LINEスタンプの描き方についてはこちらの記事をチェック!

www.sibalove.com

 

LINE Creators Marketにログイン

申請するにはまず、LINE Creators Marketで登録する必要があります。

 

LINE Creators Market

 

「登録はこちら」ボタンから入ります。

f:id:sibalove:20180705114218p:plain

 

LINEアカウントでログインします。

f:id:sibalove:20180705114230p:plain

 

ログインすると利用規約と登録情報の入力が求められるので、入力します。

登録ボタンを押すとメールが送られてきます。メールのURLからサイトにアクセスしたらLINE Creators Marketの登録が完了です!

 

送金先情報を設定する

ログインするとさっそくスタンプの申請を行なえるようになりますが、あらかじめ送金先情報を設定しておきました。

 

アカウント設定→送金先情報から入力することができます。

f:id:sibalove:20180705131052p:plain

 

送金方法は銀行振り込みLINE Payから選ぶことができます。

どちらにするか迷いましたが、LINE Payの方が手数料が安いのでおすすめです。

 

銀行振り込みよりLINE Payがおすすめ

  • 銀行振り込み・・・振込手数料540円が必要
  • LINE Pay・・・送金手数料0円、LINE Payから出金する際に出金手数料216円が必要

 

ちなみに私は知らなかったのですが、LINE Payからも現金化することができます。LINE Payで登録をする必要があるのでややめんどくさいですが、手数料を少しでも減らいたい!という方はLINE Payをおすすめします。

 

LINE Payから指定した口座に送金したり、セブン銀行から出金もできるようです。

詳しい手順はこちらのサイト様にありました。

 

LINE Payの登録方法

appllio.com

 

銀行口座に送金する場合

usedoor.jp

 

セブン銀行ATMで出金する場合

official-blog.line.me

 

ラインスタンプを登録

お待たせしました!

それではいよいよスタンプを登録していきましょう。

(※サイトにはマニュアルも用意されているのでそちらも参考にしてみるといいと思います。)

 

新規登録→スタンプを選択

f:id:sibalove:20180705130957p:plain

 

表示情報の入力

新規登録の画面になるのでスタンプのタイトルなどの情報を入力していきます。

f:id:sibalove:20180705131227p:plain


注意点
  • タイトルは既にあるスタンプと被るとはじかれる。
  • タイトル、スタンプ説明文、クリエイター名は英語と日本語の両方で入力する。
  • コピーライトは著作権の意味。「©+自分のクリエイター名」「©+年号+自分のクリエイター名」などでOK。例「©shibalove」「©2018shibalove」など

 

f:id:sibalove:20180705132449p:plain

 

 スタンプ画像を登録

スタンプ画像のタブの下の方にある編集ボタンを押します。

 

f:id:sibalove:20180705133104p:plain

 

ここでスタンプの個数を選ぶことができます。

私は40個を選択しました。

f:id:sibalove:20180705133317p:plain

この画面で一枚ずつアップロードするか、まとめてアップロードしていきます。

 

注意点
  • まとめてアップロードする場合はファイル名をあらかじめ指定の名前にしておく必要があります。

 

f:id:sibalove:20180705135011p:plain

このように、最大42個の画像をZIPファイルに圧縮し、アップロードできます。

 

  • 「OK/NG」や「おはよう/おやすみ」といった対になるものは隣に置いておくと使いやすくなります。

 

タグ設定をする

新しくオートサジェスト機能というものが追加されたことに伴い、タグ設定欄ができました。

 

オートサジェスト機能とは?

LINEのトーク画面で入力した文字に該当するスタンプが自動的に候補として表示されるものです。

予測変換のスタンプ版のようなものですね。

例えば「おはよう」と文字を打とうとしたときに対応したスタンプ画像が候補に出てきます。

 

この機能を使えるようにするために、タグの設定が必要になってきます。

必ずしも設定しないといけないわけではありませんが、設定した方が購入者にとって使いやすいでしょう。

 

編集ボタンを押します。

f:id:sibalove:20180705135713p:plain

 

するとタグの一覧が表示されます。

f:id:sibalove:20180705141156p:plain

一つのスタンプにつき3つまでタグを選ぶのですが、この作業がなかなか骨が折れます

このタグの表示のされ方に問題がある気がしますが、50音順でもなく、会話や感情と言ったカテゴリに様々なタグが雑然と並んでいるので、そこからスタンプに合ったものを探し出さなければいけません。

40個あるスタンプに対して全てつけようと思うとかなり大変でした。

 

これは公式側に改善していただきたいところではありますが、現状は頑張って探すしかなさそうです・・・。

 

販売価格情報を設定

ここでスタンプの販売価格を設定できます。

選べるのは120円、240円、360円、480円、600円です。

120円が一番安く、売れやすいので私も120円に設定しました。

 

f:id:sibalove:20180705142618p:plain

 

リクエストする

全ての項目が入力できたら、最後に右上のリクエストボタンを押して申請しましょう。

ステータスが「審査待ち」になればOKです。

 

以上で申請が完了です。

 

申請してから審査が行われ、通ればスタンプを出すことができるようになります。

通らないとリジェクト(不合格)され、修正したうえで再申請をすることになります。

 

最後に:タグの設定が大変!

今回実際に申請をしてみましたが、個人的にはタグの設定がとても大変でした

なぜこんなにアナログなのだろうと、不思議でなりません。

せめてタグの検索ができればもう少し楽なのですが・・・。

 

何はともあれ申請までこぎつけて一段落という感じです。

40枚絵を描くのもやはり慣れないと大変ですね。

スタンプクリエイターの方ってすごいなぁとしみじみ思いました。

 

申請してからの経過も気になるところなので、また報告したいと思います。

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

それでは今回はこのあたりで!

しばらぶでしたっ!

f:id:sibalove:20171013193546p:plain